労務管理はクラウド型に移行しよう

握手

人事部は企業の屋台骨です。従業員ひとりひとりの労務管理は、健全な企業運営の上でとても重要であることは言うまでもありません。にもかかわらず、人事部は裏方的なイメージが強く、業務の見直しや改善は残念ながら後回しにされがちなのが現実です。労務管理のクオリティや効率性の向上は重要であると社内で認識はされているものの、法改正をはじめ人事部には日々対応に迫られる事案が山積みで、勤怠管理の仕組みを変える手間ひまをかけられないと嘆いている担当者も多いのではないでしょうか。そんなときはぜひ、クラウド型の労務管理システムを導入しましょう。クラウド型の労務管理なら使い勝手の悪い表計算ソフトをはじめ、紙やハンコでの勤怠管理から解放され、システム上で誰もが簡単にアクセスできる一元管理が実現します。クラウド上で従業員自身が出退勤や早退、休暇の申請を行いますので、人事部担当者の業務が大幅に軽減されます。また、ひとことでクラウド型の勤怠システムといっても、各企業の事情に合わせて、多様な就業規則や就業形態に即したシステムにカスタマイズできますので、導入後もスムーズな運用を期待できます。ぜひこの機会にクラウド型の労務管理システムへの移行を検討しましょう。

会社に利益をもたらすクラウド型の労務管理システムを導入しよう

クラウドの労務管理システムを導入することで、従業員だけでなく人事部にもメリットがあり、会社全体にも利益をもたらします。まず、従業員はパソコンやタブレット、スマートフォンなどの複数の端末から勤務状況や作業工数を自分自身で容易に入力することができます。さらに、遅刻や早退の申請、有給休暇などの休暇申請もクラウド上から行うことができ、従業員がタイムカードや申請書などを紛失してしまうリスクはありません。現場を監督する管理者も、自分のチームや部署のメンバーの状況をすぐに確認でき、労務管理はもちろん全体をマネジメントする上でも大いに役立ちます。また、クラウド上での労務管理は、人事部の負担軽減にも繋がります。従業員一人一人の状況の把握はもちろんのこと、チームや部署ごと、会社全体の状況をスムーズに把握することができます。オーバーワークの従業員をいち早く検知することで過労死を防止することができますし、部署ごとの残業時間を把握することで、人員配置や業務の調整を的確に実施することもできます。会社全体としては、労務管理で紙が不要となり、コストを削減することができます。そして、働く上での環境が良くなることで、従業員の働くモチベーションが上がるなど多数のメリットが期待できます。

労務や人事にかかる作業をスムーズにするクラウド型労務管理システム

会社を経営していく上で欠かせない労務や人事に関する業務ですが、規模が大きくなれば作業量も増え人件費などのコストがかかりやすい状態となります。そんな労務や人事に関する業務を手軽にしたい場合は、クラウド型の労務管理システムを導入することがおすすめです。クラウド型の労務管理システムを使えば、入社や退社の際の書類はもちろん、休暇の申請などに関する入力業務を従業員本人に任せることができます。必要書類を用意してそこに記載してもらい、その後手作業で入力を行っていくという手間が省けるだけでも、大幅なコストカットに繋がるでしょう。さらに、自分で入力をして貰うことにより、入力ミスを減らせるというメリットも生まれます。それ以外にも、これまで別々の部署で管理していた情報を一元化することができるため、従業員に関して必要な情報を探す時もわざわざ他の部署に問い合わせ、書類を探すという手間が省けます。手作業だと手間がかかることも多い労務管理が簡単になれば、他の業務に労力を回す余裕も出てくることになるでしょう。そのため、労務や人事業務をスムーズに行いたい、作業にかかる時間を減らしたいという場合は、クラウド型労務管理システムの導入を考えておいて損がありません。

PRESS RELEASE